お料理で蓋つきのお椀がでてきたときのマナーってどうするの?

お料理で蓋つきのお椀がでてきたときのマナーってどうするの?

ちょっといいところに外食するときにやはり気になるのは食事のマナーですよね。
普段気づかれることのない品性が問われる場面でもあります。
今回はそんな食事のマナーのなかでも、蓋つきのお椀のマナーについてご紹介します。

蓋の取り方

蓋の取り方

蓋つきのお椀の蓋を取るときは、必ず片手でとるのではなく利き手ではないほうの手をお椀の脇に添えて取るようにしましょう。

温かい料理の場合は蓋の内側に水滴がついていると思います。蓋をお椀の縁に立てかけるようにして、数秒待って水滴を切るといいです。水滴のしずくを垂らすとダサくなってしまいますから気を付けてください。

ここで蓋を取る際のもう一つポイントがあります蓋はお椀が冷めてしまうと取りづらくなってしまいます。ですので、蓋つきのお椀がでてきたらすぐに取るのがスマートです。

取りづらくなった蓋の取り方

取りづらくなったからといって力任せに取ろうとすると、しずくが飛び散ったり、お相手の方にとんでしまったりなんてことが起きてしまいます。

左手でお椀の強く握るように押さえ、蓋との間に隙間を作ると簡単にとれます。

蓋の置き場所

蓋の置き場所

取った蓋をどこに置いておけばいいのかわからない方が多く、とりあえず適当に置いてしまうと思いますがちゃんとマナーとして決められています。

蓋つきのお椀に入った料理が1品で出てきたときはお椀の奥(向こう側)に裏返しておきます。2品以上で出てきたときは右に置かれているもの右側に、左に置かれているものは左側に裏返しにして置きます。

置くときの注意点は、傷がつかないようにゆっくり置くことです。
料亭では高価な器を使用しています。お椀だけではなく全ての食器の扱いに注意するのが基本的なマナーです。

お椀の持ち方

お椀の持ち方
お椀の持ち方にもマナーはあります。

箸を持ったままお椀は持ってはいけません。箸を握った状態でお椀を持つと箸先が正面の人に向いてしまい失礼に当たる行為です。
箸を持ったままお椀を持つのではなく、お椀を持ってから箸を持つ正しい作法で所作を美しくしましょう。

詳しい持ち方はこちらです。

1.両手でお椀を持ち上げ、左手でお椀の底を支え、右手を離します。
2.箸を右手の親指、人差し指、中指の3本の指で持ち上げます。
3.左手の中指と薬指の間に持ち上げた箸を挟みこみ、右手で箸を持ち替え左手から箸を離します。

蓋の使い方

みなさんがよくやっていると思いますが、手を添えてお料理を口に運ぶ「手皿」はマナー違反の行為です。

では、手皿なしで大皿の料理を口に運ぶときは、たれる前に高速で口に運ばなければならないのかと思いますが正解は、お椀の蓋や懐紙を使うことです。懐紙が一番いいのですが持っていない場合は蓋を受け皿にするのがマナーです。

食べ終わったら

食べ終わったら
お料理を食べ終えたら、出された時と同じように蓋をします。

内側を上にしておくのはマナー違反です。基本的には蓋をすることで食べ終えたということになりますが、少しずらしておいておくとよりわかりやすくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。こうしてみてみると結構簡単です。今回ご紹介した、蓋つきお椀のマナーを覚え、さらっとこなし一目置かれてみてはいかがでしょうか。

お料理で蓋つきのお椀がでてきたときのマナーってどうするの?
最新情報をチェックしよう!