乾漆の歴史と工程

乾漆の歴史と工程

漆器の素地製作法の一つに乾漆というものがありますが、知らない方が多いと思います。そこで、乾漆のとはどんなものか、歴史や工程と一緒に紹介します。

乾漆とは

乾漆とは
石膏、木や土の型を作り、漆糊で麻布などを何回も張り重ねて素地を成形する方法のことです。木の漆器よりも自由な形に成形することができ、丈夫で軽いのが特徴です。

乾漆の歴史

乾漆は、中国では夾紵(きょうちょ)呼ばれ、奈良時代に伝わりました。多くは仏像の製作に用いられましたが、平安時代を境に衰退していきました。

乾漆の工程

乾漆の工程
乾漆の工程を簡単にまとめました。たくさんの工程数があり手間のかかる作業です。

・型作り
石膏、木や土の型を作る

・.錆地
砥の粉と漆を混ぜ合わせたものを数回木地固めの上から塗る

・本堅地
珪藻土を蒸し焼きにした地の粉を土と混ぜ合わせ生地に塗る。乾いたら研いでまた塗る左京をくり返す。一辺地粉、二辺地粉、三辺地粉があり、一辺地粉が一番粗く二辺地粉、三辺地粉と粗い順から細かい粉へ変えて塗っていく。

・(細目)
米糊と漆を混ぜ合わせて、麻布を糊漆で貼る

・布目スリ
麻布の目を二辺地付けで埋める

・麻布貼りと布目スリを好みの厚みが出るまで繰り返し行います。 この工程でできた厚みが、一般的な木地の部分になります。

・本堅地、錆地をもう一度行い、乾漆を型から外す

・中塗りを2回繰り返し、最後に上塗りをする

おすすめ商品

乾漆 アートカップ
乾漆 アートカップ

宮内庁御用達 丸山久右衛門商店の一品。
荒く削られた素地を活かし、幾重にも吹き漆を施した上で、下の部分に乾燥させた漆を蒔きながら塗り重ね、少しザラザラしたデザイン性のあるカップです。

手にした人に憂いと温もりを感じさせてくれます。
口回りが大きめに作られていて、どっしりとした佇まい。使い込む程に味わいが楽しめる逸品です。
日展作家 森田清照作
サイズ 94ф×990
価格:¥8,600 (税込み)

材質
塗り 漆・手

市松 乾漆 13.0ランチョンマット(溜)
市松 乾漆 13.0ランチョンマット(溜)

宮内庁御用達 丸山久右衛門商店の一品。
乾漆を使っての市松柄のコントラストが美しいランチョンマットです。
和食はもちろんの事、貴方のセンスの組合せで洋食とも相性も抜群です。
多くの場面にも対応できると共に、より格調高いテーブルが仕上がります。
395×288×6
価格:¥4,320(税込み)

材質 MDF
塗り ウレ

五角貝入乾漆 ふたり箸(緑・朱)2膳セット
五角貝入乾漆 ふたり箸(緑・朱)2膳セット

宮内庁御用達 丸山久右衛門商店の一品。
乾漆とはザラザラですべらない加工の御箸の事です。
特徴の五角は合格にかけてプレゼントされています。
美しさに加え、軽くて耐久性がとても優れてる御箸は扱いやすく毎回の食事が楽しみになります。
また、自然塗料の漆は抗菌作用もあり身体にもとても安心です。
My箸や各記念日での御家族・友人・お世話になった方へのプレゼントに。
サイズ
緑 235×9×9
朱 220×9×9
価格:¥8,640(税込み)

材質
塗り 漆・手

まとめ

乾漆は、木地では難しい形も自由に作れるところがとても面白いです。乾漆を今まで知らなかった方も、機会があったらぜひ乾漆のアイテムを使ってみてください。

乾漆の歴史と工程
最新情報をチェックしよう!