木地呂塗の特徴とおすすめの商品

木地呂塗の特徴とおすすめの商品
伝統技法である木地呂塗は漆器でよく使われる塗り方の一つですが、知らない方が多いと思います。そこで、木地呂塗の特徴と、おすすめの商品を紹介します。

木地呂塗とは

木地呂塗とは、栃や欅の木目のきれいな木で作った木地に、砥の粉で木地の気孔を埋めてその上から透明な漆を何度も塗り重ねる塗り方です。

木目が透けて見え表面が艶やかなのが特徴です。シンプルな仕上がりに見えますが、伝統技法である木地呂塗は職人の高い技術が必要です。

木地呂塗のおすすめ商品

欅振袖汁椀 木地呂(黒)
欅振袖汁椀 木地呂(黒)
宮内庁御用達 丸山久右衛門商店の一品。
伝統工芸士 「梶原伸夫」作の高級感溢れる汁椀です。「越前漆器 汁椀」姿・かたちもさることながら、椀は直接口をつけるものですから、そのあたりの良さがまず第一です。
汁を飲みやすい形であること。手にしたときの柔らかな感触は、漆器ならではの楽しみです。
伝統工芸士 梶原伸夫作
サイズ 109ф×72
価格:¥10,800 (税込み)

材質
塗り 漆・手

欅振袖汁椀 木地呂(朱・溜)
欅振袖汁椀 木地呂(朱・溜)
宮内庁御用達 丸山久右衛門商店の一品。
伝統工芸士「梶原伸夫」作の高級感溢れる夫婦椀です。
夫婦椀は睦椀とも呼ばれ、「仲むつまじく…」の願いが込められています。二つの椀はご夫婦二人だけの器としてご愛用いただくのにぴったり。ひと揃いならではのかけがえのない価値をお確かめください。
伝統工芸士 梶原伸夫作
サイズ 109ф×72
価格:¥21,600(税込み)

材質
塗り 漆・手

小吸椀 木地呂 5客セット
小吸椀 木地呂 5客セット
宮内庁御用達 丸山久右衛門商店の一品。
木製漆塗りの小吸物椀揃い(5客セット)です。
木地呂塗りを施し、木の木目を見えるようにしました。
木のぬくもりを感じられる一品です。

懐石では箸洗いと呼ばれる粋な器ですが、ご家庭でも大事なお客様のおもてなしに是非お使い下さい。

サイズ97ф×98
価格:¥91,800(税込み)

材質
塗り 漆・手

まとめ

木地呂塗は木目がとても美しく見えます。木地呂塗を今まで知らなかった方も、機会があったらぜひ木地呂塗のアイテムを取り入れてみてください。

木地呂塗の特徴とおすすめの商品
最新情報をチェックしよう!