木曽漆器の歴史と技法

木曽漆器の歴史と技法
木曽漆器は長野県の伝統工芸品のひとつです。
漆器という日用品でありながら芸術性は高く、生活に彩を与えてくれる工芸品です。
今回は木曽漆器について隅々までご紹介します。

木曽漆器とは

木曽漆器とは
木曽漆器とは現在の長野県塩尻市周辺で作られている漆器のことです。
木曽漆器の産地は海抜約900メートルという高地になります。夏はとても涼しく、冬はとても寒く、漆器を作るのに最適な環境になっています。
木曽五木といわれるヒノキやあすなろなど素材も豊富です。

木曽漆器の大きな特徴は長く使用するほど艶が増し、丈夫になっていくことです。

代表的な技法

木曽漆器の代表的な技法をご紹介します。

・木曽春慶塗
木曽春慶塗とは木地に下塗りは一切行わず、直接生漆を染み込ませ、透明度の高い春慶漆で仕上げる技法になります。

・木曽堆朱
たくさんの漆を含ませたタンポを使用して模様付けをし、模様付けされた凸凹のできた面に彩漆を何回も塗り重ねます。
表面が平らになったら、水ペーパーと砥石で研磨して完成です。

・塗分呂色塗
「ジヌリ・ナカヌリ」と呼ばれる中塗りを施した後に、多種類の色漆で絵を塗分け、上塗りをして艶出しをする技法です。

木曽漆器の歴史

木曽漆器の歴史
17世紀の初頭から木曽漆器の制作は始まり、江戸時代には尾張徳川藩の下で発展していき旅をする人の土産物として人気を博してきました。

明治時代の初期に、下地作りに使える錆土粘土が発見されました。錆土粘土とは鉄分を多く含むので丈夫な漆器を作るのに適していました。
この錆土粘土を使って丈夫な漆器を作ったことで全国的に木曽漆器の名が広まっていきました。
高度経済成長期には日常的な器以外にも、旅館などで使われる高級な製品も作られるようになりました。

まとめ

ご紹介した通り磨き上げられた匠の技に支えられ身近な日用品から家具に至るまで様々な漆器製品があります。
木曽漆器は種類が豊富で丈夫な漆器なので一度手に取ってみてください。

木曽漆器の歴史と技法
最新情報をチェックしよう!