曲げわっぱ弁当とは?特徴と塗り方の違いをご紹介

曲げわっぱ弁当とは?特徴と塗り方の違いをご紹介

SNSやメディアで注目されてきている曲げわっぱ弁当。木で作られたシンプルな丸みのある曲げわっぱ弁当箱は、日本ならではの趣があり、多くの人が注目しています。
今回は、そんな曲げわっぱ弁当の特徴、欠点、種類、お手入れ方法などについて詳しく紹介します。

曲げわっぱとは

曲げわっぱとは

曲げわっぱとは、円筒状の弁当箱の事です。スギやヒノキなどの木材を薄く加工し、それを曲げることで円筒状に仕立て上げます。

発症は1,000年前からと言われており、実際に使う人も多い実用的な伝統工芸品です。青森県藤崎町の「ひばの曲物」、三重県尾鷲市の「尾鷲わっぱ」など、日本各地で曲げわっぱは作られています。

曲げわっぱ弁当の特徴

曲げわっぱ弁当の特徴

曲げわっぱが今もなお使われ続けるのには理由があります。
それは、曲げわっぱに5つの大きな特徴があるからです。

・通気性と保湿性がある
・抗菌作用がある
・木の香りを楽しめる
・軽くて、持ち運びに向いている
・残り物を入れても豪華で美味しそうに見える

5つの特徴をそれぞれ詳しく説明します。

通気性と保温性がある

曲げわっぱに使用される木材は、高い通気性と保温性を持ちます。
お弁当を開けた際、「蓋に水滴が付いてご飯が濡れていた」という経験はありませんか?
それは、ご飯から発生する熱気が溜まり湿ってしまうからです。

木材は湿気を吸う性質があるので、曲げわっぱ弁当箱は内部に溜まる湿気を取り除き、ご飯が湿ってしまうのを防ぐ効果があります。
また、木材は断熱効果もあります。保温効果によって、温かなご飯を長く保持することができ、時間がたってもふっくらとした美味しいご飯が食べることができます。

曲げわっぱ弁当箱は湿気を取り除き保温状態を保つため、弁当箱に向いています。

抗菌作用がある

曲げわっぱには抗菌作用があります。というよりも、木材は湿気を取り除くためカビにくいのです。特に桐は木材の中でも高い抗菌効果があります。

桐の薄板が使われた曲げわっぱは湿気を取り除き、ご飯が傷みにくくしてくれます。
普段お弁当が痛むようなことは滅多にありませんが、梅雨などカビが発生しやすい時期は、抗菌効果が期待できる曲げわっぱがおすすめです。

木の香りがする

曲げわっぱは木の独特の香りがします。欅の木を使った曲げわっぱなら欅の香り、桐の木を使った曲げわっぱなら桐の香りを楽しむことがでます。

もちろん、強い木の香りではありませんので、弁当箱を開ければご飯の美味しい香りを楽しむことができます。ご飯の美味しそうな香りだけではなく、木の優しい香りも、曲げわっぱは楽しませてくれます。

軽い

曲げわっぱは軽いことも特徴的です。薄板で作られている曲げわっぱはとても軽く、プラスチックの弁当箱と比べても弁曲げわっぱは軽いことも特徴的です。薄板で作られている曲げわっぱはとても軽く、プラスチックの弁当箱と比べても弁当箱の重みを感じさせません。

また、軽いからといって脆いわけではなく、丈夫さもあります。曲げた薄板が使われることで強度と柔軟性を併せ持ち、軽いことで落下の衝撃が少なくなるのです。

軽くて丈夫ですので持ち運びも安心して行えます。学校や職場はもちろん、登山やハイキングなどのアウトドアにも最適です。

残り物を入れても豪華で美味しそうに見える

木目の風合いが活かされて何を入れても美味しそうに見えるのも曲げわっぱ弁当箱の特徴です。一見シンプルな曲げわっぱ弁当箱ですが、時間がない朝も昨晩の残り物や冷凍食品をパパっと詰めるだけで、不思議と美味しそうに見えるので人気があります。

曲げわっぱ弁当の欠点

曲げわっぱ弁当の欠点

様々な特徴のある曲げわっぱですが、同時に曲げわっぱ特有の欠点もあります。
大切に使うためにも知っておきましょう。

・温度差に弱くレンジには使えない
・吸水性のがいいのでカビやすくなる
・値段が高い

曲げわっぱの欠点を詳しくみていきましょう。

温度差に弱い

木材は温度差に弱い性質があります。冷蔵庫に入れると木材が乾燥し割れやすくなり、電子レンジで加熱すると熱で木材が変形してしまいます。

冬の寒さや夏の暑さなど、ゆっくりした変化は問題なく使うことができますが、冷蔵庫や電子レンジを使用した急激な温度変化や、乾燥機には耐える事ができずに壊れてしまうので注意しましょう。

吸水性の弊害

吸水性がいいことで、水に漬けておくことができません。
弁当箱を洗う際、水に漬けて洗いやすくする人もいると思いますが、水に漬けたままにすると木材が水を含んでしまい乾燥しにくくなります。場合によっては黒ずんだりカビが生えたりしてしまうこともあります。水を含みすぎないよう、水に漬けずにすぐに洗いましょう。

他にも、汁物のおかずがこぼれてしまうと木材が汁を吸い取ってカビやすくなるなど、扱いに注意する必要があります。

高価

商品によって違いはありますが、曲げわっぱはどれも軒並み高価である特徴があります。

薄板を曲げて作られる曲げわっぱは、昔からある伝統品の一つです。職人の手によって作られる曲げわっぱは大量生産されるものではなく、希少性と技術料から値段も高くなるのです。

安い物でも、5千~8千円し、高価なものだと数万円することも珍しくはありません。
持ち運びやすくご飯が美味しくなるとはいえ、気軽に購入できる金額とはいえないでしょう。

曲げわっぱ弁当箱の種類

塗料による違い

曲げわっぱは塗装によっても特徴は変わってきます。
見た目が変わるだけではありませんので、選ぶ際は特徴も考慮して選ぶといいでしょう。

白木(無塗料)の曲げわっぱ

無塗料とは、何も付けていない木材そのままの曲げわっぱのことです。
塗料が使われていない曲げわっぱは、曲げわっぱの特徴がそのまま感じられます。湿気を吸収しやすいことで弁当箱の中身はふっくら保たれ、木材の匂いを楽しむことができるでしょう。

ただ、塗装していない分、欠点も感じやすくなります。特徴そのままの、最も一般的な曲げわっぱと言えます。

漆塗りの曲げわっぱ

漆塗りされている曲げわっぱもあります。漆塗りされていることで、水分や油に強くなりカビやシミができにくくなります。漆が塗られることで耐久性も上がり、長く使い続けることができるでしょう。

しかし、漆を塗ることで通気性や吸水性が悪くなります。まったく無いわけではありませんが、無塗料の曲げわっぱと比べると悪いと言えます。

また、漆塗は他の曲げわっぱと比べて高価な物が多いのも特徴です。

ウレタン塗料の曲げわっぱ

ウレタン塗料とは、ウレタン系樹脂を主成分とした合成樹脂塗料のことで、水分や汚れをはじく性質があります。ウレタン塗料をすることで、曲げわっぱの欠点が解消されます。シミやカビができにくくなり、白木や漆塗りの曲げわっぱよりも、お手入れに気を使う必要もありません。

ですが、水分をはじくことで、湿気の吸収が悪くなります。木材表面をコーティングすることで通気性も悪くなるほか、木材ならではの匂いや殺菌効果も期待できません。

曲げわっぱ弁当箱の使用方法

曲げわっぱ弁当箱の使用方法
曲げわっぱ弁当箱は、正しい使用方法で使えば何年も長く使うことができます。曲げわっぱ弁当箱の扱い方のポイントを紹介します。

水で濡らしてから使う

お弁当のおかずやご飯を詰める前に、水で濡らして吸水させましょう。吸水の目安は1分程度で大丈夫です。濡らしたあとは、余分な水気を布巾で拭き取ります。

お弁当箱を水で濡らすことで、ご飯のこびりつきや、おかずの油分が吸い込むのを防ぐことができます。

使用後はすぐに洗う

使用後は、シミになる原因になるのですぐに洗ってください。
白木の曲げわっぱ弁当箱を使う場合は、お湯を使った方が汚れが落ちやすいので、まずはお弁当にお湯をさっとかけて汚れを流しましょう。熱湯をかけるとお弁当が歪んでしまうので、50~60度の温度のお湯を使ってください。

汚れが気になるときは、柔らかいスポンジで洗います。白木の曲げわっぱを洗う際は洗剤を使うことができません。水に溶けた洗剤が水と一緒に木材へ吸収されてしまうからです。しっかり流したとしても、木材の中に洗剤が残ってしまいますので、汚れを浮かせやすいお湯とスポンジで流し洗いをしてください。

漆塗りやウレタン塗は洗剤を使うことができます。ウレタン塗は洗剤を使ってしっかりと弁当箱の汚れも落とすことができるでしょう。洗剤が使えるかどうか事前に確認してください。

お弁当箱を洗ったあとは、しっかりと自然乾燥するのが大切です。外出先などでお弁当箱を乾かせない状況であれば、自宅に持ち帰って洗うようにすると良いです。すぐに洗えない場合は、食後にお弁当箱の汚れをティッシュペーパーで軽く拭き取っておきましょう。

しまいっぱなしにしない

曲げわっぱ弁当箱は使えば使うほど、風合いが出てきて手になじんできます。同じお弁当箱を毎日のように使うと愛着も湧いてきて、毎日のランチタイムが楽しくなります。

曲げわっぱ弁当箱の使用例

曲げわっぱ弁当箱の使用例を紹介します。お弁当作りの参考にしてみてください。

曲げわっぱ弁当箱の使用例1
ご飯を先に詰めるのが美味しそうに見えるコツです。
いつもと変わらないお弁当も曲げわっぱのお弁当箱を使うだけで、おしゃれで美味しそうに見えます。

曲げわっぱ弁当箱の使用例2
思い切っておかずをご飯の上に乗せても大丈夫です。どんぶり風で簡単にボリュームたっぷりが完成します。

おすすめの曲げわっぱ弁当

曲げわっぱ弁当 ふき漆(大)

宮内庁御用達 丸山久右衛門商店の一品。
上記で紹介している通り曲げわっぱ弁当にはいいところがたくさんあります。
漆塗りを施している曲げわっぱ弁当箱にしてはとてもお手頃な値段なので一度お使いください。

価格:¥4,320(税込)

材質
塗り 漆・手塗り

曲げわっぱ弁当 二段 (ナチュラル)
曲げわっぱ弁当 二段 (ナチュラル)

宮内庁御用達 丸山久右衛門商店の一品。
・容量1000ml
・木の香りがいい
・おかずが豪華に見える
・時間がたってもお米がおいしい
・軽くて持ち運びが便利
曲げわっぱ弁当にはいいところがたくさんあります。
お手頃な値段なので一度お使いください。
190×100×95
価格:¥4,320(税込み)

材質

曲げわっぱ弁当(スリム)
曲げわっぱ弁当(スリム)2
曲げわっぱ弁当(スリム)

宮内庁御用達 丸山久右衛門商店の一品。
・木の香りがいい
・おかずが豪華に見える
・時間がたってもお米がおいしい
・軽くて持ち運びが便利
曲げわっぱ弁当にはいいところがたくさんあります。
お手頃な値段なので一度お使いください。
180×80×60
価格:¥4,320(税込み)

材質

まとめ

曲げわっぱには、お弁当を美味しくする様々な特徴があります。プラスチックの弁当箱では味わうことのできないご飯を、曲げわっぱで試してください。
手入れの面臭さや値段の高さなど、使い始めるためにはハードルが高いかもしれませんが、一度使えば、曲げわ曲げわっぱの魅力を感じることができると思います。

曲げわっぱ弁当とは?特徴と塗り方の違いをご紹介
最新情報をチェックしよう!