鳴子漆器ってどんな特徴があるの?

鳴子漆器ってどんな特徴があるの?

鳴子漆器は宮崎県の伝統工芸品のひとつです。
漆器という日用品でありながら芸術性は高く、生活に彩を与えてくれる工芸品です。
今回は鳴子漆器について隅々までご紹介します。

鳴子漆器とは

鳴子漆器とは
鳴子漆器は、宮崎県大崎市の鳴子地区で作られている漆器です。漆器とは、木地に漆を塗り重ねてできる伝統工芸品のことです。漆器の産地は全国各地にありますが、鳴子地区でも独自の発展を遂げ製作されているものを「鳴子漆器」と呼びます。

独自の発展の中には様々な塗りの技法が詰まっています。
鳴子漆器独自の塗りの技法として「木地呂塗」「龍文塗」「拭き漆塗」「紅溜塗」があります。

代表的な技法

・木地呂塗
木目の美しい栃や欅などの木を使って、木地の気孔を埋めたあと透明な漆を塗り下の木目が見えるようにする塗り方です

・龍文塗
独特の墨流しによってできるマーブル模様が美しい技法です。
ほかの技法に比べて歴史は浅いですが、鳴子漆器の代表格となる技法として定着しています。

・拭き漆塗
木地に生漆と呼ばれる透けた漆を刷り込み仕上げていく技法です。
生漆を塗り、専用の拭き取り紙で余分な漆を拭き取る作業を繰り返していくことで艶と透けた木目の美しい器ができます。

・紅溜塗
褐色味の強い透明な漆を厚めに塗り上げたものを溜塗といいます。
その下塗りの色が朱色であることで紅溜塗とよばれます。

鳴子漆器の歴史

鳴子漆器の歴史
鳴子漆器の始まりは江戸時代初期と言われています。
当時の岩出山城主であった「伊達敏親」が地元の職人を京都に修行に行かせ、持ち帰った技で漆器作りの発展をさせていきました。

江戸後期になると庶民の間で温泉が流行り、鳴子漆器をお土産として持ち帰るお客様が増えていきました。

明治時代にはいると木地挽きも二人挽きから一人挽きの足ふみろくろに技法が変わり、製品の種類も豊富になっていきました。
そして明治40年代に最盛期を迎えました。

そして先ほどご紹介した「龍文塗」を「澤口悟一」が昭和26年に考案しました。

鳴子漆器の製作工程

鳴子漆器の製作工程
鳴子漆器の製作には、多くの工程があり、何を作るのか、どの技法で作るのかによっても異なってきます。
そのなかでも大きく分けると「錆付け」「錆び研」「中塗」「中研」「上塗」の5つにわけることができます
それぞれをご紹介していきます。

錆付け

木地師が木地挽きを行い、木地を造っていきます。
その後、木地の細かい調整や補強を行う木地固めを行っていきます。

木地固めが終わったら砥の粉と漆と水を練り合わせ、錆下地を造り木地の表面に塗っていきます。これを錆付けといいます。

錆付けを行うことで木地の強度が上がり、丈夫になります。

錆び研

錆付けを行い乾燥させた器を水を使って研いでいきます。
細かい突起物を削り滑らかにすることで漆がのりやすくなります。この地道な下地の工程が漆器の品質に直結するのです。

中塗

錆付け、錆び研で下地が完成したら漆を塗っていきます。
中塗りの工程では専用の中塗り用の漆を使い上塗りの色に合わせます。

中研

中塗りが終わった後乾燥をします。
その後、表面を研いで滑らかにします。中塗りと中研ぎは何度も行うことで漆の美しさに繋がる工程になります。

上塗り

最終工程の上塗りです。
製品の美しさはここで決まります。作業に関しては中塗と同じですが、中塗より純度の高い上質な漆で、ほこりなどが入らない専用の部屋で塗られます。

ここでいろいろな塗りの技法も活躍します。

鳴子漆器の活動

鳴子漆器の活動
現在鳴子漆器の職人は数えられるほどに減少していますが、独自の進化やいろいろなブランドとのコラボなど、伝統を守りながらも新たな挑戦をしています。

まとめ

鳴子漆器はご紹介した通り磨き上げられた匠の技に支えられ身近な日用品からお土産に至るまで様々な漆器製品があります。
種類が豊富で美しい漆器なので一度手に取ってみてください。

鳴子漆器ってどんな特徴があるの?
最新情報をチェックしよう!