ワンプレート料理が美味しそうに見える盛り付け方のコツ

ワンプレート料理が美味しそうに見える盛り付け方のコツ

1枚のお皿に料理を乗せたワンプレート料理は、一食分のおかずを乗せることができるのでバランスの良い食事をとることができます。
意外と盛り付けが難しいワンプレート料理ですが、コツを覚えれば誰でも簡単に作ることができます。そこで今回は、ワンプレート料理の盛り付け方とおすすめのお皿を紹介します。

美味しそうに見せるコツ

美味しそうに見せるコツ

一見簡単そうに盛り付けられそうなワンプレートですが、ワンプレート料理は使用するお皿や盛り付け方で、あまり美味しくなさそうに見えてしまします。しかし、料理の盛り付け方を工夫することで、ワンプレート料理をオシャレで美味しそうに見せることができます。

色と形をバランスよく盛り付ける

ワンプレート料理は、お弁当と同じように盛り付ける料理の色や形が大切です。食材に緑、赤、黄、白をバランスよく取り入れましょう。最初にご飯などの薄い色の料理を盛り付け、そのあと全体を見て色の濃いおかずを盛り付けることで、色どりが良くバランスのいいプレートになります。

和え物やサラダなどは、ボリュームを抑えて盛り付け、焼き魚やウインナーなど形がしっかりしているおかずをメインに盛り付けるとメリハリのある美味しそうなプレートに仕上がります。

ワンプレート料理にピッタリのお皿

ワンプレート料理にピッタリのお皿
ワンプレート料理で使用するお皿は、大きめの直径25センチ以上のお皿がおすすめです。大きめのお皿は、たくさんのおかずを盛り付けてもすっきり品良く見えます。

初心者には無地のお皿がおすすめ

ワンプレート料理の初心者さんには、無地の白いお皿やナチュラルなウッドプレートをおすすめします。料理の色合いを気にせず気軽に盛り付けられます。

英字のお皿

英字が書かれたお皿を使うだけで簡単にお店で出てくるようなカフェ風のプレートになります。英字のお皿がない場合は、100均で購入できる英字のワックスペーパーをお皿に敷くだけでもおしゃれに見えます。

仕切りのあるプレート

仕切りのあるプレート
仕切りのあるプレートを使うと、お子様ランチのような可愛くておしゃれなプレートになります。

普段食べ過ぎてしまう方は仕切りのあるプレートを使うと自分の食べる量がわかるので、食事の量が調整しやすいです。ワンプレートのかわいさもあり楽しく続けられるのではないでしょうか。

大皿と小鉢を組み合わせる

大きなお皿に小鉢や小皿を組み合わせて料理を並べても、簡単にカフェ風の盛り付けができます。和風のプレートにしたい場合は、料理を入れる小皿にお猪口を使うのがおすすめです。

盛り付け例

簡単なワンプレート
パスタを中心にして周りにおかずを等間隔に盛り付けるだけの簡単なワンプレート。初心者の方におすすめです。

和食のワンプレート
和食もワンプレートにするだけで、お店で食べるようなおしゃれなご飯になります。

おすすめのプレート

ランチ皿(古代朱)
ランチ皿(古代朱)

宮内庁御用達 丸山久右衛門商店の一品。
落ち着いた色合いのランチ皿です。ランチプレートとしてはもちろん、サラダやお刺身など用途を選ばず幅広くお使いいただけます。

価格:¥1,080 (税込み)

材質 ABS
塗り ウレタン塗装

まとめ

ワンプレート料理は忙しい朝やランチにおすすめです。また、1枚のお皿に盛ることで、片付ける器が少なくなるのも魅力です。お皿選びから盛り付けまでのコツを覚えて、素敵なワンプレート料理を楽しんでみてください。

ワンプレート料理が美味しそうに見える盛り付け方のコツ
最新情報をチェックしよう!