TAG

歴史

  • 2019年8月22日
  • 2019年8月26日

山中漆器の歴史と特徴

漆器の産地はたくさんありますが、「山中漆器」というものを聞いたことがある人は少ないと思います。 今回はそんな山中漆器とはなにか、特徴や歴史、製作工程をご紹介します。 山中漆器とは 山中漆器とは、石川県の加賀市、山中温泉周辺で作られている漆器のことです。石川県内に漆器の産地は3つあり、山中漆器は「生地 […]

  • 2019年8月11日
  • 2019年8月7日

加飾技法のひとつ「堆朱」の全てをご紹介

漆器の塗装技法の一つに堆朱塗というものがありますが、知らない方が多いと思います。そこで今回は堆朱塗についてご紹介していきます。 堆朱とは 堆朱とは彫漆の代表的な技法のひとつで、木地に朱色の漆を何十回から何百回も塗り重ね、厚みを作りその表面を刀で削って模様や図柄を浮彫りにする技法です。 朱色の漆のかわ […]

  • 2019年7月26日
  • 2019年7月26日

漆器の3大産地の1つ!会津塗りの特徴や歴史をご紹介

漆器は、日本全国いろいろなところで作られていますが塗り方や蒔絵の付け方など、土地ごとによってそれぞれ伝統的な塗り方が存在します。 輪島塗、紀州塗、越前塗など様々な塗り方がありますが、その中でも今回は、「会津塗り」の特徴について紹介します。 会津塗りとは 会津塗りとは福島県会津地方の伝統工芸品である会 […]

  • 2019年7月20日
  • 2019年7月19日

乾漆の歴史と工程

漆器の素地製作法の一つに乾漆というものがありますが、知らない方が多いと思います。そこで、乾漆のとはどんなものか、歴史や工程と一緒に紹介します。 乾漆とは 石膏、木や土の型を作り、漆糊で麻布などを何回も張り重ねて素地を成形する方法のことです。木の漆器よりも自由な形に成形することができ、丈夫で軽いのが特 […]

  • 2019年6月25日

木曽漆器の歴史と技法

木曽漆器は長野県の伝統工芸品のひとつです。 漆器という日用品でありながら芸術性は高く、生活に彩を与えてくれる工芸品です。 今回は木曽漆器について隅々までご紹介します。 木曽漆器とは 木曽漆器とは現在の長野県塩尻市周辺で作られている漆器のことです。 木曽漆器の産地は海抜約900メートルという高地になり […]

  • 2019年6月23日
  • 2019年6月21日

春慶塗の特徴と歴史について

漆器の塗装技法の一つに春慶塗というものがありますが、知らない方が多いと思います。そこで、春慶塗の特徴と歴史、おすすめの商品を紹介します。 春慶塗とは 春慶塗とは、紅色か黄色で着色した木地の上から「春慶漆」という透明度の高い透漆を塗り、表面の漆を通して木目をきれいに見えるようにする塗り方です。 木目を […]

  • 2019年6月17日
  • 2019年7月23日

根来塗の特徴と歴史について

漆器の塗装技法の一つに根来塗というものがありますが、知らない方が多いと思います。そこで、根来塗の特徴と歴史、おすすめの商品を紹介します。 根来塗とは 根来塗とは、黒漆で塗った上に朱漆を上塗りしたものです。使えば使うほど、朱色の下から黒色が少しずつ現れてきてくるのでとても味わい深くなります。 逆に、朱 […]

  • 2019年6月12日

京漆器の特徴は?歴史と一緒にご紹介

漆器の産地はたくさんありますが、「京漆器」というものを聞いたことがある人は少ないと思います。 今回はそんな京漆器とはなにか、特徴や歴史と一緒にご紹介します。 京漆器とは 京漆器とは、京都で作られている漆器のことです。茶の湯の文化とともに現代に受け継がれてきました。「わび」「さび」に徹した内面的に優雅 […]

  • 2019年6月8日
  • 2019年6月7日

津軽塗ってどんな漆器?特徴から歴史までご紹介

津軽塗は青森県で作られている漆器です。 漆器という日用品でありながら芸術性は高く、生活に彩を与えてくれる工芸品です。 今回は津軽塗について隅々までご紹介します。 津軽塗とは 青森県弘前市で周辺で作られている漆器です。 この漆器が津軽塗と呼ばれるようになったのは、1873年のウィーン万国博覧会のときだ […]

  • 2019年6月6日

鳴子漆器ってどんな特徴があるの?

鳴子漆器は宮崎県の伝統工芸品のひとつです。 漆器という日用品でありながら芸術性は高く、生活に彩を与えてくれる工芸品です。 今回は鳴子漆器について隅々までご紹介します。 鳴子漆器とは 鳴子漆器は、宮崎県大崎市の鳴子地区で作られている漆器です。漆器とは、木地に漆を塗り重ねてできる伝統工芸品のことです。漆 […]