伝統ある日本の漆器「輪島塗」の特徴

輪島塗の特徴
漆器は、日本全国で昔から作られてきましたが、塗り方や蒔絵の付け方など、土地ごとによってそれぞれ伝統的な塗り方に特徴があります。
津軽塗、浄法寺塗、越前塗など様々な塗り方がありますが、その中でも今回は、「輪島塗」について紹介します。

輪島塗とは

輪島塗とは
輪島塗とは、石川県輪島市で受け継がれている漆器の塗り方です。壊れても修理に出すことで長年使用し続けることができます。

輪島塗の特徴

漆器
輪島塗の最大の特徴は「丈夫さ」と「優雅な装飾」にあります。
輪島塗の丈夫な理由は、木地の上から布をかぶせ、器の縁などの強度が弱い部分を補強する「布着せ」を行うほか、「地の粉」と呼ばれる、輪島市特有の珪藻土(けいそうど)の一種を焼いて粉末にした物を漆に混ぜ込んで下地にするからです。

また、優雅な装飾は漆に溝を掘って金粉や色粉を沈着させる「沈金」や、漆に文様を入れてその上から金粉や銀粉で付着させる「蒔絵」の豪華なところです。
実用性と鑑賞性の両方を兼ね揃えた漆器が輪島塗の特徴なのです。

輪島塗は機械生産ではなく、地の粉が混ぜる漆作りから蒔絵などの装飾まですべて職人の手によって作られている高級品となっています。

輪島塗の歴史

明確に開始された時期はわかりませんが、室町時代にはすでに輪島塗があったと言われています。

地の粉」という土地特有の土を使って製作されてきた輪島塗は、江戸時代ごろに他の塗り方と同様、日本全国に広まりました。ですが、時代が変化するにつれ漆器の需要は減り、多くの漆器が吸収や衰退されて数を減らしました。

同じように輪島塗も需要の危機に面しますが、当時の輪島市は、海運が活発であることで独自の販売網を構築することができ、衰退するのを防いだのです。以来、各地で廃業した漆職人を受け入れ、1975年に日本の伝統工芸品と認められる規模になりました。

現在では器だけではなく、時計や楽器など、様々な物に輪島塗が活用され販売されています。

輪島塗の工程

輪島塗の工程
輪島塗の工程を紹介します。
輪島塗の特徴としてそれぞれの工程には専門の職人がおり、分業して一つの輪島塗を作り上げるのです。各工程を分業することによって効率と技術の向上につながり、工程を知り尽くしていることで修復もできるようにしています。

木地

木地とは土台の事です。輪島塗は、すべて職人の手によって作られているので、土台から作ります。
椀木地(わんきじ)、指物木地(さしものきじ)、曲物木地(まげものきじ)、朴木地(ほおきじ) とあり、作る漆器によって木工作業も違います。

・椀木地
椀木地とは椀や皿を作る作業の事です。ろくろやカンナなどを用いる木工作業を行い、漆器の基となる椀を作ります。

・指物木地
指物木地とは、重箱やお膳などの加工法です。椀木地のように削って加工するのではなく、板と板を合わせるなど、寄木細工で形を作ります。
他にも、家具などを作ることもあり、組み合わせて作る木工作業のほとんどは指物木地と言えるでしょう。

・曲物木地
曲物木地とは、弁当箱やお盆などの丸みを帯びている物の加工法です。薄い板を曲げて土台を作ります。

・朴木地
朴木地とは、スプーンやかんざしなど、小物全般の加工方法の事です。様々な注文に合わせて小物を作ります。

下地

上塗りをするために、下地を整える必要があります。上塗りをするために、下地を整える必要があります。木地固め、布着せ、惣身地付け(そうみじづけ)とあり、ひとつひとつの工程を詳しく見ていきましょう。

・木地固め
木地の形を整えたあとに生漆を全体に塗ることで、木地の吸水性を抑えます。部分的に器の強度を上げるためにコクソ漆で補修します。

・布着せ
縁などの脆い場所には、布着せを行い強度を上げ、その上から輪島塗特有の「地の粉」を含んだ漆を塗っていきます。
より丈夫にするため、縁だけではなく木地全体を布着せすることもあり、その場合はより高級品として扱われます。

・惣身地付け
惣身地付けは、木地と布着せをなじませるために下地漆を塗ることです。下地漆には地の粉の粉末が含まれています。
下塗りが終わって乾燥させた後も、何度か繰り返して塗っていきます。段々と細かい地の粉を含んだ漆を塗っていくことで、よりきめ細やかな下地となります。

中塗り

中塗りは下地の強度を上げるための工程です。最後に行う上塗りがキレイになるように中塗りしていきます。

上塗り

下地の最後に上塗りを塗れば完成です。最も上質な精製漆を使って滑らかな手触りになるようにします
また、埃やゴミなどを付けるわけにはいきませんので、専用の部屋で細心の注意を払って作業を行います。

加飾

加飾
加飾とは、完成した漆器に文様や絵柄を付けたりなど、仕上げの作業の事です。輪島塗のもう一つの特徴である優雅な装飾を加飾によって付けていくのです。

・呂色
呂色とは、漆器に光沢を出させる作業の事です。専用の炭を上塗りして磨くことで、透明な艶を出すことができます。最後は手の平で直接磨き、 呂色を摺り込ませるようにして磨き上げます。

・蒔絵
蒔絵とは、金粉や銀粉を漆器に蒔き付け文様を付けていく加飾法です。完成した漆器に漆で文様を書き、漆器が乾く前に金粉を振りかけて付けていきます。そうすることで、漆を塗った場所にのみ金粉が定着し、綺麗な文様となります。

・沈金
沈金 とは、漆器表面に文様を彫り、彫ってできた溝に金粉や色粉などを入れていく加飾法です。ただ掘るだけではなく、コスリや片切などの様々な刃物を使い彫刻することで深みのある文様に仕上げます。

輪島塗の特徴を現地で確かめたい方は

輪島塗をもっと知りたい方は「石川県輪島漆芸美術館」へ出向いてみてください。1991年に開館した漆芸専門の美術館で、輪島塗の特徴や漆文化について知ることができます。

館内に入るといたるところに漆が施されています。随時開催される展覧会や漆の名品を見て回れるほか、予約をすれば蒔絵や沈金も体験できるプランもあります。

山中漆器と金沢漆器

金沢駅
石川県の漆器と言えば輪島塗漆器が有名ですが、石川県には他にも、「山中漆器」と「金沢漆器」が有名です。

山中漆器は木地が、 金沢漆器は加飾が優れているといわれて、「木地の山中」「塗りの輪島」「加飾の金沢」と、石川県の漆器をそれぞれ代表しています。
他にも、隣にある福井県の越前漆器など、石川県周辺は漆器作りが盛んです。

まとめ

石川県の三大漆器の一つ「輪島塗り」について紹介しました。
輪島の地の粉は、輪島塗なわではの特徴です。長く漆器を使い続けることを考えるなら、丈夫で長持ちしやすい輪島塗の漆器がおすすめです。
昔から続く輪島の歴史ある漆器を、是非試してみてください。

輪島塗の特徴
最新情報をチェックしよう!